ブログトップ

Rune guitar

runeguitar.exblog.jp

ギターリペアと日々のコト・・・

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 前々回で話した円錐指板のR計算表。なんとかWEB上で公開出来ないのかなと思っていろいろ試行錯誤してみたけど、僕には無理そうなのであきらめた。仕方ないので、表計算ソフト上の見た目だけをJPGにしてみたよ。実際には機能しないけど、”こんな風に表作ってみてね”みたいなもんか。

c0179274_0134618.jpg


 簡単に説明すると、上の表がメインで、下の2つの表はサポート的なものだ。クリックしていただくと全体が見れる。因みに入力は全て左下の表で行うようにした。


 前々回でも書いたが、各ポジションでのRをはじき出すのに必要なデータは3つ。

 1つ目はナット部での1〜6弦間の距離。これが表のA欄に入る。

 2つ目はブリッジサドルでの1〜6弦間の距離。これはC欄に。両者とも実測値が望ましいが、一般的なギターの規格に照らし合わせたい意味もあり、それで左下の表を用意した次第である。ナット幅とサドルピッチを入力するとAとCに必要な数字に置き換えて入力される。

 そして3つ目は、基準値として12F上のRをE欄に。僕はリフレットの際に行う指板修整時、まずここを何Rでいくか決めてから作業するのでこれは実測値ではない。完成予想値とでも言うべきだろうか。ナットとサドルは後で調整が出来るけど指板上の部分はフレット打っちゃってからでは修整出来ないからね。

 右下の小さい表は単にインチとミリの換算用だ。左下の表で12Fの数値にはインチを入れるようにしてしまったので、ミリで入力したい時用に作っただけ。電卓代わりである。

 残りのB、D、Fの欄は入力の必要は無い。表を組み立てるのに判り易くしたかっただけなので、もし皆さんがやってみる場合には入力欄はいらない。
 各セルに入る計算式はパズルがてらに自分で作ってみていただきたい。A、C、Eの各欄に画像と同じ数字を入れるとあら不思議。各ポジションのR(インチの方)が、いやにキレイな数字で揃っちゃう。なんで? これ、偶然じゃなくて、なるべくしてなった数字だよね。 たぶん....。違う?

 判る方、ぜひコメント下さい。ん〜、なんか情けない。
[PR]
by rune-guitar | 2010-10-12 01:31 | guitar repair
 いきなり訂正。前回の記事で、”今時、円錐指板は当たり前”とか書いてしまったが、改めていろいろなサイトを見てみたら円錐指板である事が売りになっているモデルが結構ありまして...。てコトは未だに円柱指板のネックも多いのかな、なんて思った次第です。

 リフレットの時でも12F以外のRってあんまり調べないんだけど(必要に応じて程度?)、先日手掛けた某メーカーのエレアコのリフレットは見事に円柱指板だったんだよね。やっぱ結構あるのかな。

c0179274_1627029.jpg


 さて、そんなこんな中、遂にCurionのコンタード(contoured)モデルが完成。HPの方は更新にちょっと時間要るので、先にブログでお披露目しとこう。先行の "Rock" や "Classic" との違いは基本的にボディーだけだ。というかそもそもCurionの各モデルはそれぞれボディー違いなのだ。

 今回のモデルは、外見から想像する通りの音にしてみた。コンセプト的には少しスタジオワークを意識している。よりギタリスト向けというか、音を創り込む上ではあまりスタンダードなラインから外れていない方が仕事が早そう。そんな理由からボディー材にはアルダーを採用した。本当は3ピースを使いたかったんだけど、色見とか木目、重さ等から結局2ピースになってしまった。

 それと、基本以外の部分として、サーキットを少々変更。前2モデルのVolポットはノーマルのCTS 500K Aカーブ。底が平らでトルクの重い方を採用していたが、Newにはトルク軽めのCTSヴィンテージタイプ(いわゆるヘソ付き)500K A を使用している。そして、コイルバランサーポットもBカーブからAカーブに変更した。どちらも意味合いとしては、ライブ主眼からレコーディング思考へとシフトしたつもり。設計当初から迷ってた部分だ。

 そして、なんといってもボディー形状。個人的に60's後期の角張ったテレが好きだったり、ホロー構造の事なんかもあってCurionでは迷わずスクエアエッヂを採用したのだが、今回はプレイヤビリティー重視(&お店からの意見も)という事でラウンドエッヂにコンター加工付きのストラトチックなボディーになった。

c0179274_16262171.jpg


 それにしても、ボディー材ってやっぱり凄くキャラ変わるね。いやボディーに限らずネックもそうだし、判ってた事だけどそれでもね。こういう違いってなかなか試せないから、みなさんも是非弾き比べてみて下され。って、まだお店様にご案内差し上げてないのだが...。

ひとつ乞う御期待、よろしくお願いしますです。はい。 あ...でも、まだコイツ名無し..。
[PR]
by rune-guitar | 2010-10-02 16:34 | guitar repair