ブログトップ

Rune guitar

runeguitar.exblog.jp

ギターリペアと日々のコト・・・

c0179274_1172797.jpg
 

 更新がご 無沙汰になってしまった。元々が筆無精なもんで...。

 今回はウチのオリジナルギターについて書いてみよう。ホームページは商用という事もあって書き方もある程度意識しているが、コッチではもう少し砕けた話をしよう。

 僕がエレキを始めたきっかけは高校の文化祭だが、この時いわゆるハードロックなるものを初めて聴いた。それまではS&Gとかアコギ派だったので、ロックなんて聴いてみようとは思わなかったのだ。

 曲は "BURN"。この辺で歳が知れるが、当時リッチーはRAINBOWで、”Difficult To Cure”をリリースしてた。まぁ、彼の音楽出身って事で当然初めてのエレキギターはストラトを選んだ訳だ。でもジェフベックモデルだったけど...。

 以来、あの抱えた時のバランスに慣れてしまった事とトレモロユニットのお陰で、ギブソン系は苦手になってしまった。ただ、音についてはシングルコイルはやっぱり難しいんだ。ちゃんと弾けないとメチャクチャしょぼい感じがする。これは歪んでようとクリーンだろうと変わらない。そもそもデリケートなのだ。当時ギター歴1年そこそこの小僧は考えた。なんとかラクしてウマく弾けるようにならんかと。これが僕の改造歴の始まりだ。

 まず手始めはP.U。もちろんハムバッカーに。よくパーツショップに通ったもんだ。バーゲンを狙ってネックやボディーにも手を出し、スキャロップしたりザグリ入れたり。でもギターは1本しか無いので、あっち変えこっち変えしてるうちにパーツによる音の足し算引き算が出来るようになった。これは今まさに役立っている。

 ウチのオリジナルギターは、僕のこんなバックボーンから設計上の発想を取り入れている。ポイントは

メイプル1ピースネック、音の輪郭がハッキリしてる。ナット幅狭く、厚みあるグリップ。25.25"スケール採用。ストラトよりチョット短いのだ。

マホガニーボディー、南部臭い、東でもましてや西でもない粗野な感じ。ちと重いが。

低出力のハムバッカー、太いけど生っぽさをかき消さない程度の出力。サーキットに仕掛け有り。(詳しくはHP見てね http://www.runeguitar.com/ORG.guitar/curionnewcolor.html

とまあ、こんな感じ。他にもいろいろ取り入れてるけど今回はこの辺で。狙いは、バランスや使い勝手はストラト風だがフェンダー系ではない音、どっちかというとギブソンのSGとかLP Jrみたいな感じかな。

ブランド名の"CURION"とは珍しいとか骨董品等の意味を持つ"curio"から。
[PR]
# by rune-guitar | 2008-10-23 01:34 | guitar repair
 
c0179274_2371370.jpg


 お茶の水からほど近い、宮地楽器 神田店様からのご依頼。もう去年の事になるが、とても面白い企画なのでご紹介しようと思う。

 エレキギターの改造というと割とポピュラーなのはP.U交換やペグ交換。ちょっと手が込んでくるとフレットやナット、ブリッジの交換。更に拘るならサーキット関係のパーツ交換やノイズ対策等々、カスタマイズのポイントは多岐に渡る。

 また、これとは別に自分だけの仕様を一から決めていくオーダーギターというのもあるが、今回紹介するのはその両者の性格を併せ持つようなギターだ。簡潔にいうと、過去二十年以上もの間、楽器として使用されていたボディー、ネックをベースに新たなコンセプトのギターを作ってみようというものだ。(詳細はコチラをご覧下さい ロック弦な日々

 基本的に、オーダーギターは当然の事ながら新品である。出音のキャラクターは木材の種類やパーツの選択によって決めていくのだが、初めて手にした時に出てくる音はやはり新品の音。
 ここに使い込まれた音を加えたい。って事で、素材として用意されたのは、'70年代のGRECOやFERNANDESのギターだった。現在、これらのギターはジャパンヴィンテージと呼ばれ、一つのカテゴリーになっている。やっぱり楽器って成熟していくものらしい。あたりの取れた馴染み易い音だ。

 これらのギターの木の部分以外をほぼ全て新しいパーツに変更。ナット、フレット、指板Rまでも指定が入る。この拘り様はスタッフの方々の思い入れの表れ。ここがただの改造ギターと違う所になる。個人的にもよく思うが、過去に商品として開発されたギターである以上そのスペックはかなり考えられたもの。中途半端に仕様をイジルとどこかにそのしわ寄せがくる事がある。

 例えば、フレットをジャンボにすれば当然ナットやサドル、ネックアングルまでイジル事になる。オクターブ調整やP.Uの高さ調整にも影響が出る。
 P.Uを変えれば物によってはポットやコンデンサーも変わってくるし、サーキットのレイアウトから変えた方がそのパーツを目一杯活かせる場合もある。ペグとブリッジの関係も然りだ。

 こんな風に、使い勝手等も含めるとかなりの部分に手を入れる事になる。トータルで見た時のバランスを考えるなら、一つのコンセプトで一気に全てを変更するのはとても有効に思う。

 さて、皆さんはこのギターをどのように受け止めるのだろうか。よかったら試奏しに行ってみてくだされ。
c0179274_2374186.jpg
[PR]
# by rune-guitar | 2008-09-19 02:39 | guitar repair
c0179274_155360.jpg


 さて、本題に入ろう。

シアノアクリレートは無酸素状態になると急速硬化する接着剤だ。
僕たちリペアマンは、これを接着剤として使う他に、木に染み込ませる
事で強度を得る為にも使う。

例えば古いクラシックギターのペグ交換等は、ネジをあまりタイトに
入れられない時がある。割れちゃうからだ。かといって下穴を大きめに
するとネジが効きにくい。大抵、マホガニー材だからすぐ舐めちゃう。

そんな時、大きめの下穴に一旦ネジを軽く留めてネジ山を作ってから
ネジを抜き、穴に低粘度の瞬間接着剤を少量染み込ませてやるとウマく
いく時がある。大きめの穴でも山に強度があるからしっかり留まるのだ。


 同じような理由で、フレット交換の際にも溝の強度を稼ぐ(食いつき
を良くする)意味で、瞬間接着剤は使われる。ただし、いろんな条件が
ついて回るのだが。


 そもそもフレット交換という作業を ”コツさえ掴めば簡単”という
方もいれば、”素人が手を出す領域ではない”という方もいる。

実際の所は個人の判断になるのでどっちとは言えないが、様々なポイント
をクリアしていかなきゃならないのは事実だ。

その中で最大のポイントがフレットの足と溝のサイズだ。コレが合って
ないとウマくない。キツければ入らない。無理に入れると逆反る。
緩ければ浮いてしまう。

仮に同じフレットが用意出来ても、指板の痩せや度重なる交換で
ルーズになった溝も多いから、ハナから合わないと思ってた方がいい。

 また、打ち込む際の衝撃(といっても大したものじゃないが)で、
すでに打ち込んだフレットが浮いてくる事もある。同型のフレット
を使用した時に多いが、足の爪が元の爪痕に入ってしまうと噛まない
のだ。ズラして入れるのだが何回も交換されてるとキビシい。

 その他まだたくさんあるが、こういった状況に於ける対策の一つが
瞬間接着剤なのだ。キチンと打ち込まれたフレットを長期間動かなく
する為に使用するのが正しい使い方で、多くのポイントを無視して
無理矢理留めてるのとは大違いなのだ。

正直、瞬間接着剤なんて使わなくて済むならこんなラクな事は無い。
使えばそれなりに作業が増えるのだから、手抜きどころじゃない。

楽器の強度や構造上、打ち込む事(押し込む事含む)が困難な場合を
除き、貼付けるようないわゆる接着剤の使い方は無く、やむを得ず
その手を使う場合はとてもシビアな作業になってしまう。


 なんか言い訳がましい? でも事実だと思ってるよ。今や新品でも
普通に接着剤使ってるからね。だから、抜くときはこうするとキレイ
に抜けるのだ。


c0179274_15442.jpg

[PR]
# by rune-guitar | 2008-09-12 01:10 | guitar repair
c0179274_23345462.jpg

 シアノアクリレ−ト。耳慣れない方もいらっしゃるだろうか。
いわゆる瞬間接着剤のことだ。今回はコイツについて少々
話をしてみよう。

 僕はmixiやってます(hnはrune guitar)。その中のコミュニティーで
フレット交換の際にこの瞬間接着剤を使うのは有りか否か?という
話になった事がある。

特に話題の中心だった訳ではないのだが、ある現役リペアマンの方が
”私は瞬間接着剤の使用は悪い事ではないと思う”
と発言していた。

お〜、勇気ある発言だなぁと思いつつ、ちょっと自分が恥ずかしかった。
僕も使ってるのに ”有りだ”と言えなかったから。


 世間一般には”フレット交換に瞬間接着剤を使う事は手抜きや
技術不足をごまかす行為”のような考えがあるように感じる。

僕はそう思われるのを避ける為、コメントの書き込みをしなかった。
これはイカン。良かれと思ってやってるコトを隠せばそれは良からぬ
コトをしているのと同じだ。


 結論。要は瞬間接着剤のメリットと正しい使い方をみんなに知って
もらえば良いのだ。まぁ、僕なりの考え方なので、全ての方に通用
するとは思ってないが、参考程度にはなるだろう。


前置きが長くなってしまったので、ページを変えよう
その2へ続く
[PR]
# by rune-guitar | 2008-09-11 23:37 | guitar repair
 ギターイジリに興味のある方って意外と結構いらっしゃる。
車イジリと同じようなもんだろう。チューンアップやメンテナンス。
自分の為だけのカスタマイズ。フィニッシュまでやっちゃう方もおられる。

 ネット上でもリペア関連のサイトはたくさんある。プロはもちろんアマチュアの方まで、いろんな情報が盛りだくさんだ。便利な時代である。

 僕は自分のHPでリペアのやり方は書いてない。敢えてメンテナンスやリペア内容の紹介だけにしておいた。あまり詳しく解説して参考にされた方にご迷惑がかかってはいけないから。(2013.03.17 編集 などと言いつつネック折れのリペアレポートなんぞやってしまった。)

 そう、ギターのリペアって ”こうでなければイケナイ”とかの線引きがあやふやで結果オーライみたいな所が多分にある。本来はこう直すべきだろうという場合でも予算や、そのギターに対しての思い入れ等は人それぞれだ。これについては他人がとやかく言う事ではなく、所有者本人が決める事なので、個人的には過去の修理跡から伺える様々な事は、まず肯定から入るようにしてる。

 頭ごなしにいきなり否定の目で見るのは危険だ。まず、どういう事情でこういう直し方になったのかを推測すると、思いもよらぬ理由が見えてくる事がある。ああ、だからこうしたんだ、というように。ホントにダメなのもあるけどね。


 そんな訳でこのカテゴリでは、よく聞く話だけどそれって有り?みたいな事柄について肯定的に記していこうと思う。


 乞うご期待。

写真は今日やってたアコギの指板修整とリフレット。まずはその辺から...。
c0179274_22302433.jpg

[PR]
# by rune-guitar | 2008-09-06 22:32 | guitar repair