ブログトップ

Rune guitar

runeguitar.exblog.jp

ギターリペアと日々のコト・・・

タグ:ハンドメイド ( 3 ) タグの人気記事

c0179274_02394447.jpg
 ご好評いただいております指板型キーホルダーがまたまたバージョンアップ!ついに指板だけじゃなくネックになっちゃいました!!
c0179274_02395988.jpg

しかも材は超人気のハカランダにフレイムメイプルと、贅の限りを尽くした一品です。もはやアクセサリーの域を大きく外れて、工芸品の・・・あらら、夜中にやってると気が大きくなっちゃいますね。さすがに自分で作ってて工芸品とは思いたくないです。おこがましい。

でも、随分手はかかってるんですよ。裏側は塗装かかってるし。とりあえず20本限定でスタートします。無くなった時点で次を考えようと思ってますが、今回コストをかなり抑えてるので価格の面ではホントにこれで終わっちゃうかもしれません。大丈夫かもしれないですが、その時になってみて判断しようかなと思います。
c0179274_02401784.jpg

なにはともあれ、気になった方はお早めに!


よろしくお願いします。

[PR]
by Rune-guitar | 2017-04-13 02:41 | いろんな事
c0179274_00412431.jpg
 先ほど古い記事をチェックしていて、この記事を見つけた。
http://runeguitar.exblog.jp/9985086/
2008年。8年前の記事である。時の経つのは早いもんですな。

 実はこのウチのオリジナルギター(詳細こちら)は、製品としては3機種あるが製作本数は各1本づつ。つまりまだ世に出ているのは3本きりなのだ。幸い3本とも奉公に出れたのでよかったけど、なんだかこのままではフェードアウトしてしまいそうで、ちょっと気にかけていたところだった。

 全く自慢にもならないのだが、なにせ修理業の方がメインなので、こっちに追われているうちは製作はまず出来ない。これ以降作れてないって事か→。http://runeguitar.exblog.jp/15222120/

 そんなこんなしている中、先日の事。大阪にあるストリングフォニックの竹本氏とちょっとしたやりとりの中、OEM生産の話になった。OEMとは外部の工場などに商品の生産を委託する事で、自社工場を持たないメーカーの製品はすべてOEMという事になる。国内のハイエンド系ギターにはよくある形態だ。で、ウチも量産するなら考えてみてはどうかと。

 まあ、完成品としてではなくボディーやネックの半加工というか塗装前の段階までやってもらって、組み込みと塗装は自分でやろうかなと思っているのだが、はたしてどうなるのか、只今見積り待ち。1ロットの本数は?とかもね。

 一応従来のモデルは完全ハンドメイドとして残しておいて、別シリーズとしてやろうかなとも考えてる。ローズ指板にしてボディーには違う材を使ったりとか、グリップやヒールカットなんかもどうかな・・・なんてね。

 さてさて、この企画、吉と出るか凶と出るか???凶はちと困るが。ま、とにかくゆっくり慎重にやっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
c0179274_00441214.jpg
これは上のギターと同一の物。カラーサンプルとしてレタッチしてみたよ。






[PR]
by Rune-guitar | 2016-06-25 01:52 | guitar repair
 僕の工房は自宅直結である。自宅の壁にへばりつくように工房が建っているのだが、その自宅を挟んで反対側にあるのが僕のカミサンがやっている雑貨店 "neiro" である。webサイトはコチラ。http://www.neiro.info/
c0179274_19233784.jpg
 
扱っているのは主に手作りの服や、作家もののアクセサリーや小物関係。それと益子焼の器。他にもインテリア小物とか文房具とかキッチン用品とか靴下(そこいらの物じゃない)なんかもある。まだいろいろ細かい物もあるが、ちょっと紹介してみよう。


 僕は写真のセンスがかなり残念なので作品の写真はwebサイトを見ていただくとして、まずメイン商品のハンドメイドのリネン服について。リネンとは亜麻という植物から摂れる上質な繊維だそうだ。古い言葉ではこの糸をlineと呼んだそうで、それらの製品をリンネルまたはリネンと呼ぶそうな。(以上ウィキペディアより)まあ、とにかく上質な布らしい。ナチュラルというキーワードにビビッとくる女性にはとても人気のある布地で、1mあたりの単価は結構お高い。故にリネンの服は本来いいお値段なのがホント。最近○◯製の服にもリネンと表記されている物が多くなってきたが、neiroのはちゃんとしたトコロの品である。製作はカミサン。今まで何着作ったんだろう。正直大したもんである。




c0179274_19265684.jpg


 そして、意外にも?人気なのが益子焼の器。カミサンチョイスなので、いろんな器というよりは同じ毛色の器が多いが、ザラっとした土の感じが良く出ている器が多い。益子は”よしざわ窯”というところの器がオシャレな割にリーズナブル。結構品薄状態な事も多々ある。

 



c0179274_19271176.jpg
 まだまだいろんな品があってとても僕の言語能力では紹介しきれないので、興味ある方はサイトを見てくだされ。
web shop http://neiro.cart.fc2.com/もあるので、大事な方へのプレゼント選びなどに役立てていただければと思う。


 さて、次回はまたギタ−話でもと思っているのだが、ネタをどうしようかな。何か知りたい事あったらリクエストください。お待ちしておりまする。ではでは。





[PR]
by Rune-guitar | 2014-10-02 20:09 | いろんな事