ブログトップ

Rune guitar

runeguitar.exblog.jp

ギターリペアと日々のコト・・・

円錐指板と指板R

 久々の更新である。CurionのNewバージョンの完成を待ってからなんて考えてたら、随分と間が開いてしまった。もう、夏も終わっちゃうしね。時の過ぎるのは早いもんです。

 さて先日、某楽器店さまにてちょっとしたギター談議になった。指板修整時のRの付け方についてだ。大抵のスタッフの方とはあまりこういう話題にはならないものだが、中にはギター制作スクール出身のスタッフさんもいて、こういった方との会話はかなりマニアックになる。
 しかし、そんな話しをすると、結構自分の知識の曖昧さに気付く事も多い。このブログへのアクセスキーワードに、よく”指板R”とか”円錐指板”とかが入ってるが、この指板R、一般の方はどのように受け止めてらっしゃるのだろう。てな訳で、今回は指板Rの話しをしよう。

 今どき指板は殆どが円錐指板だと思うのだが、この円錐指板がどんなものかをご存知の方はどの位いらっしゃるんだろうか。初心者の方はまず知らなくて当たり前な事なので、基本的な所から説明してみよう。


2012.02.03 追記  次項2010.10.02の記事の冒頭でも触れてますが、”今どき指板は殆どが円錐指板”では無いようです。ちょっとややこしくなってしまいますが御理解の程、よろしくお願いします。
以下本文に戻る


 クラシックギターやスティールギターを除くほぼ全てのギターの指板には緩いカーブが付いている。もちろんこのカーブはただ適当に曲がっている訳ではない。真円の一部、つまり弧になっているのだ。それを数字で表すのに"R"という言葉を使い400R等と言ったりする。この場合、正しくは400ミリRだがインチ表記すると約16”R(406mmR)と桁が違うので単位は省く事が多い。Rは"Radius"(半径)の頭文字だ。つまり、400Rといえば、半径400mmの弧という意味だ。

 そして、このRはローポジションとハイポジションでは異なっている。ローよりもハイの方がRが大きいのだ。これが何故かを理解するには、ナット部とブリッジサドル部の弦間ピッチ(弦の間隔)の違いに注目すればよい。この両者が同じ間隔なら指板Rはローからハイまで均等でよい。円柱の一部を指板に見立てた状態だ。各弦の直下は真っ直ぐになる。

 しかしこれでは演奏性に無理がある。ナット側のピッチが広くなれば弦を押さえにくいし、サドルピッチが狭ければ指が入らないだろう。それぞれ使いやすい弦間ピッチがあるのだ。
 それ故、弦はナット側からサドル目がけて放射状に延びる事になり、それに合わせてRも大きくなっていく訳だ。これが円錐指板だ。古いギターには均等なRの指板も存在するが、仮に円柱指板(?)に放射状に弦を張るとどうなるか? 空き缶にでもスケールを当ててみると判るが、弦の直下は直線にはならない。逆反り状のカーブを描いてしまい、いわゆる真っ直ぐな状態というのが3,4弦の間のみとなってしまう。もしこんな指板修整をしてしまったら本末転倒だ。

 では、カタログ等に表記されている指板Rは一体どこの数字か?。僕は工場の経験は無いので定かではないが、おそらく12F上ではないかと思う。少なくとも僕はそう設定して作業している。そうするとナット部とサドル部でのRは果たして幾つなのだろう?。これが今回の本題でもある。

c0179274_0522614.jpg


 上の図は僕がイメージしてる円錐指板の原理だ。各ポジション毎にある三角形は、円錐の中心を頂点とした二等辺三角形になっている。底辺に当たるABは1〜6弦間の距離、AC及びBCはそのまま半径になる。それぞれの三角形は尺度の違いだけで同型なので、比率によって各ポジションのRが計算出来る。表計算ソフトで簡単にいろんなバリエーションの比較が出来るので、暇な人はやってみてほしい。必要なデータは

  1. ナット部の1〜6弦間の幅
  2. サドル部の1〜6弦間の幅
  3. 12Fの指板R

この3つだ。この1.と2.から12F上の1〜6弦間の幅が得られる(足して半分にすればよい)ので、これを4つ目のデータにする。因みに3.の12FのRだが、これは指板修整時に於いては後から変更が出来ない部分なので、基準値として決定してしまう。
 これで12Fでの底辺と二等辺の比率が得られる。得られた数値と求めたいポジションの1〜6弦間の幅から半径が出て来る訳だ。応用で5Fと24Fも計算出来るようにしておくと面白い結果が得られる。
 試しに1.に36mm、これはナット幅41mmから両端2.5mm引っ込ませた数字だ。そして2.に54mm、これはサドルピッチが10.8mmの時の数字。でもって3.に254mmR、これはインチなら10"に当たる。これを入力した時、各ポジションのRがインチ表示の場合、実にキレイな並びになる。なんでだろうなぁ〜。



 僕はそんなにアタマが良い方ではないのでこんな事で”おおっ”とか思ってしまったが、数学に強い人は鼻で笑っていただいて結構だ。多分計算方法ももっと簡単に出来るんだろうな。ま、人それぞれ。こんなささやかな事が楽しめる人生もそんなに悪くはない。お粗末様。
[PR]
by rune-guitar | 2010-09-21 01:04 | guitar repair | Comments(4)
Commented at 2012-02-04 13:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Rune-guitar at 2012-02-04 22:11
フジゲンのサイト見ました。円柱指板については2010.10.02の記事でも少し触れましたが、まだまだ多いんですね。というか殆どそうなんですよね。

まあ、工場はいくつか見学させていただいてたのですが、指板R加工については前にもお話しましたが中信楽器さんでの印象が強くて、円錐も割とポピュラーなものなんだろうと思ってました。そう、話ズレますが中信さんの件は本当に残念です。

僕としては ”ローはRキツくてハイはユルい、それが円錐指板”みたいな解釈からもう一歩突っ込んだ見方(というか本来の設計思想?)を述べたかったんです。フジゲンさんの説明は判り易いですが、弦とその真下の指板の直線性についても触れてほしいなあと思います。
Commented by shu at 2012-02-05 09:29 x
>フジゲンさんの説明は判り易いですが、弦とその真下の指板の直線性についても触れてほしいなあと思います。

鋭い指摘ですねw
貴兄は、「理念」や批判的理性をもてる点ではアタマがかなり良いけど、受験秀才みたいな現実(=悪しき現実=現象)の世界についてのアンテナ(=認識能力)は少し錆びているんじゃない?ちょっと世俗のレベルに疎いよwww

ご指摘のように、Fujigenあたりの「老舗」でもあの程度の無批判・無思考状況なんですよね。
もっとも、楽器業界には無知や迷信がまだまだ蔓延っているから、Fujigen程度の視野や射程しかない楽器観や製造哲学でもしょうがないのかもしれませんが・・・・(例えば、ヴィンテージ楽器や木工楽器の「経年変化」を巡る俗論俗説の蔓延を見よ!w)

Commented by Rune-guitar at 2012-02-06 00:23
>Fujigenあたりの「老舗」でもあの程度の無批判・無思考状況
 フジゲンさんも指板の直線性については知ってると思います。文中でも
”FUJIGEN製品ではナット幅・ブリッジ幅、もちろん演奏性まで熟慮の上で”
と、ナットとブリッジの幅について演奏性よりも先に記述してます。これは直線性を考慮しないと出てこない言葉だと思うのです。だから僕もフジゲンさんを非難した訳ではなくもったいないという意味で発言しました。

>あの程度
もしあのサイトが無批判的に見えたとしたら、それは日本の企業の商用ページだからじゃないでしょうか。やっぱりあまり自由な発言は出来ませんよね。責任もイメージもありますし。書いてる人も企業の人として書いてる訳で。
 というか変な話、大抵は言いたくても黙ってる事が多いです。狭く小さな業界故、みんな顔見知りみたいなもんです。批判より尊重のほうが全体的にはマルなんです。

 今の業界にご不満なのは残念ですが、それはshuさんが一般レベルよりも上にいるからであって、仰る通りしょうがないかもしれません。