ブログトップ

Rune guitar

runeguitar.exblog.jp

ギターリペアと日々のコト・・・

またまた円錐指板

 前々回で話した円錐指板のR計算表。なんとかWEB上で公開出来ないのかなと思っていろいろ試行錯誤してみたけど、僕には無理そうなのであきらめた。仕方ないので、表計算ソフト上の見た目だけをJPGにしてみたよ。実際には機能しないけど、”こんな風に表作ってみてね”みたいなもんか。

c0179274_0134618.jpg


 簡単に説明すると、上の表がメインで、下の2つの表はサポート的なものだ。クリックしていただくと全体が見れる。因みに入力は全て左下の表で行うようにした。


 前々回でも書いたが、各ポジションでのRをはじき出すのに必要なデータは3つ。

 1つ目はナット部での1〜6弦間の距離。これが表のA欄に入る。

 2つ目はブリッジサドルでの1〜6弦間の距離。これはC欄に。両者とも実測値が望ましいが、一般的なギターの規格に照らし合わせたい意味もあり、それで左下の表を用意した次第である。ナット幅とサドルピッチを入力するとAとCに必要な数字に置き換えて入力される。

 そして3つ目は、基準値として12F上のRをE欄に。僕はリフレットの際に行う指板修整時、まずここを何Rでいくか決めてから作業するのでこれは実測値ではない。完成予想値とでも言うべきだろうか。ナットとサドルは後で調整が出来るけど指板上の部分はフレット打っちゃってからでは修整出来ないからね。

 右下の小さい表は単にインチとミリの換算用だ。左下の表で12Fの数値にはインチを入れるようにしてしまったので、ミリで入力したい時用に作っただけ。電卓代わりである。

 残りのB、D、Fの欄は入力の必要は無い。表を組み立てるのに判り易くしたかっただけなので、もし皆さんがやってみる場合には入力欄はいらない。
 各セルに入る計算式はパズルがてらに自分で作ってみていただきたい。A、C、Eの各欄に画像と同じ数字を入れるとあら不思議。各ポジションのR(インチの方)が、いやにキレイな数字で揃っちゃう。なんで? これ、偶然じゃなくて、なるべくしてなった数字だよね。 たぶん....。違う?

 判る方、ぜひコメント下さい。ん〜、なんか情けない。
[PR]
by rune-guitar | 2010-10-12 01:31 | guitar repair | Comments(6)
Commented at 2011-01-28 09:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rune-guitar at 2011-01-29 09:53
Shuさん
 コメントありがとうございます。フリーダムさんのギター見てみたいです。僕も昔からOPBやテレキャスターベースのデザインが大好きでしたが、GRECOのBoogieにも惹かれてました。リアP.UのバランサーなんかはBoogieでもやってましたしね。ああいうデザインはRobinとかTmpさんとかでもやってるので、やっぱり好きな人多いんですね。

 ご指摘の円錐指板ですが、以前(10年くらい前)Jackson等を製造している中信楽器さんの工場を見学させてもらった時は、指板材の上にサンダーのベルトが回っていて専用の金型でプレスすると円錐型の出来上がり...みたいな感じでした。結構アナログですが最良の製法でしょうね。金型さえ作ってしまえば後はとてもシンプルです。
 一方、僕らみたいな工房の人間は、ゲージで適所指板Rを確認しつつ各弦のライン下で直線が出ているように全て手で作業します。もちろん直線性ではマシンには敵いませんが、必要十分以上の精度は出せます。リフレット時にはよくやる作業です。

つづく
Commented by rune-guitar at 2011-01-29 09:53
 ハンドメイドは効率こそ悪いですが、メリットとしてはそういった各部への細かなチェックが全体に及ぶ事です。しかも一人の人間の目ですからバラツキも殆ど無いです。
 特にリペアをやっていると、”ここがこうだからいけないんだ”、”だからこうしなくては”、”これでバッチリだろう”みたいな考え方をしますから、チェックと作業については人一倍細かくなります。そこが工房である事の売りだとも思いますので、大規模工場製品に負けないように頑張っていきたいです。

 もし、池袋がお近くでしたら是非試してみてくださいね。ただ、来週から店頭調整のために一本ずつ引き上げていく予定なので、2月後半なら再調整後のものが試せますよ。
 
Commented by Shu at 2011-01-29 21:04 x
佐藤さん、早速のコメント、ありがとうです!
貴兄のキュリオンもスクワイアーに触発されたのだと想像していますが、スケールやナットをいじったのは慧眼でしたね(笑)当方のギターも21 ・3/4inchスケールです。そして、ボディーもそれに相応しくスケールダウンしています。
ただ、シンクロタイプのビブラートユニットに21 ・3/4inchスケールは、少し短すぎるようですね。せめてPRS(25インチ)ぐらいは必要なようです。
当方もいろいろ考えてオーダーしてはいるのですが、楽器創りは本当に難しい。オリジナルものは特に。

そのうち池袋池辺さんで拝見させていただこうと思います。
Commented by Shu at 2011-01-29 21:07 x
上記の「21 ・3/4inch」は「24 ・3/4inch」の誤記でしたw
Commented by rune-guitar at 2011-01-29 23:35
 Shuさん すいません、イケベさんじゃなくてイシバシさんです。P'PARCOの7Fです。

 '51スクワイヤーですね。あれ、意外と海外でもファン多いみたいですね。専門のサイトがあったような...。