人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Rune guitar

runeguitar.exblog.jp

ギターリペアマンの視点から、仕組みやパーツなどにまつわる話しを綴っています。

新製品のお知らせ

大変ご無沙汰しております。なんだか2〜3年に一度の更新みたいになってしまいました。
このコロナ禍で修理の需要は跳ね上がり、全国的にキャパオーバーのショップが増えているとか。
僕の所もかなりお待たせしてしまう事が多く、大変申し訳ありません。やはり一人仕事はこういう時に限界を感じますね。

新製品のお知らせ_c0179274_00373976.jpg

さて、久々のご案内はウチの新製品の紹介となります。修理がメインではありますが、個人的には直すよりもカスタマイズの方が好きなので、たまにこういうオリジナル商品が出たりします。

新製品のお知らせ_c0179274_00445672.jpg

画像はギターに内蔵出来るブースターですね。
セッティング次第でバッファとしても使えますが、どちらかと言えばブースターとしてガッツリ使っていただきたい。
ラインナップは2種類ありまして、プリセット型のスタンダードセット https://runeguitar.cart.fc2.com/ca1/72/p-r-s/ とドライブをリアタイコントロール出来るアドバンストセット https://runeguitar.cart.fc2.com/ca1/73/p-r-s/ があります。

BB741という商品名は、使用しているオペアンプLM741から。

新製品のお知らせ_c0179274_10142110.jpg
コイツです。
このオペアンプは70年代半ばに登場したMXRのディストーションプラスに使われていたオペアンプです。最近では4558等に取って変わられてますが、まだ現役で販売されているのがすごい。

このオペアンプとその回路はその後たくさんのモデルを生み出して、何と言っても有名なのはDODの250でしょう。イングヴェイ・マルムスティーンの使用で一気に人気を博しましたが、彼抜きに考えてもとても秀逸なオーバードライブです。
まあ250も後期は4558になってるので、今LM741を使ってる製品はもう無いのかもしれない···。

でも、だから今回採用した訳ではなくて、一応4558他と比較検証して決めましたが、なんと言うか僕ら世代(80年代バンザイ)にはコッチなのかなと。4558のややHi-Fi寄りな音に対して、LM741はちょっとだけワルっぽい。
オーディオ的な概念ではない楽器目線でのチョイスではLM741だったんです。


サイズは23mm×36mmとかなりコンパクト。試しにウチのCurionに積んでみたら電池も収まるほど。
新製品のお知らせ_c0179274_10142829.jpg
まあバッテリーに関しては交換の手間を考えたらボックスの増設が良いですが、穴を開けたくない場合にも多少は対応しております。
次回は実際の使用感や取り付けについて話してみたいと思います。

ではまた。

by Rune-guitar | 2023-04-12 00:19 | guitar repair

by Runeguitar