人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Rune guitar

runeguitar.exblog.jp

ギターリペアマンの視点から、仕組みやパーツなどにまつわる話しを綴っています。

Curion2 NEW MODELについて

 古い記事では何度かご案内してるのですが、修理の合間にギターの制作もやっております。ほとんど夜中にこちょこちょやっているので、1年に1、2本しか作ってませんが、今回1本だけ完成したのでその紹介をさせてください。

Curion2 NEW MODELについて_c0179274_01575838.jpg
 デザインはよくストラトと間違われるのですが、右半分がテレキャスターで左はそれを元にダブルカッタウェイのラインを取りました。ヘッドはテレキャスターではなく、テレキャスターベースやオリジナルプレシジョンベースをイメージした形になってます。つまりはそのテレキャスターベースのギター版みたいなコンセプトです。

 僕は元々ストラトが大好きなんですが、これまでの修理経験からストラトが先天的に抱える問題を何とかしたいというのがありました。そもそもストラトはその構造上カスタマイズがやり易く様々な改造が施されてきましたが、その結果長い年月の間にオクターブチューニングに限界が生じるという問題が出てきたんです。

 根本的な原因は1950年代の設計をそのままに、部分部分その都度近代化していった事でしょう。最たるはフレットの数とサイズです。元のフレットは幅約2mm、高さ約1mmの今で言うナローサイズ。フレット数は21。これが70年代頃から太いフレットが流行り、最大で幅2.7mm高さ1.4mmくらいまで大型化していきます。この時フレットの高さが0.4mmほど上がるのに伴って、当然ナットもサドルも上がる事になります。するとナットからペグ、サドルからブリッジへの角度がキツクなり結果オクターブピッチがシャープします。
 またフレットの数もギブソンへの対抗策か22Fに拡張されていきますが、この時にネックエンドとピックガードの形はそのままに指板だけの延長で22Fを追加した為に、ネックがボディーから上に飛び出すようになりました。つまりここでもサドルの高さが上がる事になり、オクターブピッチはますますシャープします。

Curion2 NEW MODELについて_c0179274_15313924.jpg

 この辺が顕著に現れたのがアメリカンスタンダードストラトが出始めた頃。最初から太いフレットで22F仕様。6弦の低音部でピッチがシャープしてサドルでは合わせられないとの問い合わせを何件かいただいた覚えがあります。まあこれは昔からよく言われていてアメスタ以前にも改造物などで似たような現象はありました。よく6弦のサドルはスプリングが切り詰められていたりしてましたが、その根本はナットやサドル上の角度がきつくなった(というか摩擦抵抗が増えた)事によるものと僕は考えてます。

 
 Curionではそこの改善をコンセプトの1つに入れていて、オクターブピッチ、取り分け6弦3FのG辺りがちゃんと出るような設計にしてあります。その為に既存(一般的なストラトタイプ)の設計から変更したのはスケール、ナット位置、ブリッジ位置、ネックポケットの深さなど複数個所に及んでいて、長年の改造によるツケを一気に払った感じです。おかげでコードのまとまりがアップして歪ませた時のうねりも少なくなっています。
Curion2 NEW MODELについて_c0179274_03191431.jpg

 そんなバックボーンを持つCurionというモデルに長年考えていたブースターを搭載して、ここでひとつ僕の中での区切りになった気がしてます。現場を選ばない。レトロなルックスの割に中身はハイエンドという相反するような仕様。その他あちこちに仕掛けを施したルーンギターオリジナルモデル。
ぜひお試しください。
お問い合わせは
mail@runeguitar.com までお願いします。

by Rune-guitar | 2023-07-24 03:23 | Curion

by Runeguitar