人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Rune guitar

runeguitar.exblog.jp

ギターリペアマンの視点から、仕組みやパーツなどにまつわる話しを綴っています。

ピックについてのお話し

 最近ピックについていろいろやっております。昔からピックについては形だの硬さだの材質だのトッカエヒッカエやってたんですが、ここしばらくはずっとJIM DUNLOP TORTEX JAZZ3 1.0mm で落ち着いてました。長さ25.8mm、厚さは1.0mm。かなり小振りなサイズですが、ダンロップでは定番の形状です。
(広告を含みます 画像クリックでサウンドハウスさんへ) 

 僕は80年代ギターヒーロー全盛期出身、代表的なギタリストといえば10人や20人30人軽く挙げられる世代です。ジャンルで言えばハードロック、へヴィーメタル。長髪のコワそうなあんちゃんバンドが次から次へアルバムをリリースしていた、今では想像も出来ない良き時代です。
 その頃のギターヒーローはテクニカル系の方が多く、エディーヴァンヘイレンやイングヴェイマルムスティーン、ポールギルバート、日本人ではラウドネスの高崎晃さん他いわゆる速弾きギタリストがいっぱい。当然その頃にギターを始めた15かそこらの子は結構な確率でその洗礼を受け、それぞれ神と崇めるギタリストに日々大半の時間を費やす事に。まあホントいい時代でした。

 今でこそ速弾きテクニックはジャンル問わず極普通に皆さん速くなってますが、それだけに何方もピックにはかなりこだわりがあると思われます。もう努力とかそういう次元じゃなく、使えるものはなんでも使う。それこそ科学的分析も必要なレベルの速さと正確さ。加えてフレーズの複雑さも相まって相当な難易度になってる訳です。その視点から見るとピックの重要さは今一際クローズアップされてると勝手に思う訳でㇲ。

 という訳で今回のお話しは速弾きに特化したピック探しにちょっとでも役立てばと、その形、硬さ、材質などについて見解を述べてみたいと思います。まだお気に入りが見つかってない方に届きますように。


 ではまず速く弾くという動作に必要なものを考えてみましょう。普通ピックを持つ手はブリッジに軽く腰掛けて、ある程度固定された状態で弾きますね。ブリッジミュートの為もあるけど、やはり浮かせた状態だと狙いも定まりにくいし。
 しかしあまりガッチリ座ってしまうと弦の移動がやりにくいので、軽く弦の上を滑るように移動したり腕や手首や指先も連携して次の音までの時短を図る訳です。そしてこの指先の動きを活かすのに必要なのがピックの大きさなんです。いや小ささと言うべきか? 


ピックについてのお話し_c0179274_11583921.jpg
 ギターを始めたばかりの頃はよく大きめのピック(トライアングル、オニギリ型)を薦められますがあれはしっかり握り込みやすいからで、主にコードストロークにウエイトを置いています。しかしある程度慣れてくると今度はその大きさが邪魔になってきたりします。弾き方に幅が出てくると、もっと小回りが効く方が便利になるから。
 そこで次に選ばれるのがティアドロップという形。おそらくこれが一番市場に出回ってる形状ではないかと思うけど、これでもまだ大きいと言う方が選ぶのがジャズ型。最初に出てきたヤツです。

 このジャズ型が速弾き系に人気がある理由はおそらくその先端の鋭さ。前述のトライアングルやティアドロップよりもかなり鋭い。もちろん小ささもそうなんだけどそれは小回りの方で、鋭さは弦に引っかかる量とトーンに関係します。
ピックについてのお話し_c0179274_12004478.jpg

 まず先に小ささについては好みにもよるのだけど、このサイズともなると”握る”というより”つまむ”に近い持ち方で、指先、特に人差し指でコントロールするピッキングに向いてます。指先でクルクル円を描くような動作故にサークルピッキングと呼ばれる弾き方にはうってつけ。腕や手首の動作と合わせて、かなり速い移動にも有利な形状です。

 そしてメインの要素、先端の鋭さなんですが、素早く次のピッキングに移るにはピックが早く弦から離れてほしい訳で、弦に当たってるピックの量を出来るだけ少なくしたい。つまり浅く当てたい。しかしティアドロップなど先端の丸いピックを浅く当てるとトーンが甘くなる。これは厚みのある(だいたい1.3mm~)ピックも同様。丸いものが当たると丸い音になるみたい。
ピックについてのお話し_c0179274_15500635.jpg
ピックについてのお話し_c0179274_15501964.jpg

 そこで短く当ててもしっかりアタックのある音を得られるよう先端を鋭くしたのがJAZZという形状。この呼び名はたぶんJIM DUNLOP の商品名なんじゃないかな。もはや形の名前になってるけど。


ピックについてのお話し_c0179274_14375788.jpg
 この弦とピックの噛み付き具合、離れ具合は形状に加えて厚み(硬さ)も影響している。厚みがあると音が甘くなると言ったけど、逆に薄くなるとアタックは良いが硬さが弱まるのでピックがしなって弦にくっついてる時間が長くなる。ピックが負けてる状態。
 この境界線は約1mmと個人的に感じてます。アタックもあり弦に負けない硬さ。このバランスが一番良いのが約1mm~ではないかと。
ピックについてのお話し_c0179274_12030204.jpg



 もちろんこの硬さは厚みだけではなく素材そのものの硬さもある。最近の素材は”エンジニアリングプラスティック”という高性能プラスティックが使われてて、調べると硬さや摩擦係数なんかがちゃんと出てくる。まあ樹脂メーカーによって微妙な違いがあるので素材の名称で質を判断してはいけないが、傾向を知るくらいはよいと思う。
 参考までに手持ちのピックをいくつか挙げてみよう。

ピックについてのお話し_c0179274_12034553.jpg
 一番名前が売れてるのはポリアセタールだろうか。デルリンやジュラコンとも呼ばれてるがこれは樹脂メーカーの商品名で、素材としては同じ仲間の樹脂なんだそうだ。細かいコト言うと違うみたいだけどほぼ同列でよいと思う。
 特筆するのは摩擦係数の低さ。滑りが良いと言う事はつまり弦離れが良い訳で、コレを狙った素材のチョイスは最早スタンダードになってる気がする。サラサラした表面で乾燥肌の人は滑りやすいのかもしれないが、ペタペタよりも僕は好き。厚みも1mmで丁度良い硬さになる。


ピックについてのお話し_c0179274_12040511.jpg
 もう一つ注目してるのがポリカ―ボネイト。パキンとした硬さが魅力。昔AppleのiMacが半透明のスケルトンカラーで人気だったけど、あれポリカ―ボネイトね。ああいう筐体なんかにも使われるエンプラだそう。
 もひとつ魅力はその透明性。カラフルな着色が可能で、まるでキャンディーみたいなルックスは正直弾き心地と天秤掛けてしまう。
いや、別に弾き心地が悪い訳ではない。どれが良いか迷ってる時にヴィジュアルが優るのはとても大事なこと。


ピックについてのお話し_c0179274_12045269.jpg
 最後に今流通しているもので特に人気なのがウルテムという素材。爪に近い素材とか言われるとなんだかすごく良さそうに感じるが、ポイントはそんな事ではない。むしろだから何だという程度。ウルテムの魅力は硬さと滑りの良さが同居している所。同じ1mmでも硬い方じゃないかな。摩擦係数については数字が見つからなかったけど、体感では結構離れが良い。ウルテムに限らず樹脂の種類によってはガラスが混ぜてある物もあるそうで、その辺も関係あるのかも。
 実際弾いてみると判るがやはり滑らかという印象で、そういう所が人気なんだと思う。ちょっとゴムっぽい黄色い見た目が特徴で、製品としてもすぐウルテムとわかるので探しやすいが、床に落とすとメチャ探しにくい。
 因みに画像の左側のピックは右のを小さくカットした物なので、これは売ってません。ダンロップからは1.0mm厚のジャズ3は出てないので比較の為に加工しました。


 さて、今回の話しはお役に立つでしょうか。ウチのブログは製品の紹介よりか考え方についての話がメインなので、サウンドハウスさんとかで商品見ながらそれがどんなヤツなのかをニヤニヤしながら推測するのがおススメです。

 それではまた。

by Rune-guitar | 2023-11-02 15:10 | guitar repair

by Runeguitar