ブログトップ

Rune guitar

runeguitar.exblog.jp

ギターリペアと日々のコト・・・

<   2018年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 GOTOH 510T というトレモロユニットをご存知ですか? GOTOH は知ってますよね。そう、あのペグのゴトーさんです。まあペグに限らず今やギターパーツでは世界のゴトーですよ。いやGOTOH ですね。

 そのGOTOHさんが特に自信を持って開発した特別なパーツに付けられる型番が510です。名を冠している訳ですね。
 で、今回ご紹介するのは、GOTOH 510Tというトレモロユニットをカスタマイズするパーツ "GRAVITY"イナ―シャブロックです。
c0179274_23334409.jpg
 紛らわしいですが、これウチのオリジナル商品ですので、GOTOHさんに問い合わせても出てこないですからね。お問い合わせは www.runeguitar.com mail@runeguitar.comまでお願いします。

 さて、510トレモロについて少しお話を。元々こちらのユニットはいくつかのバリエーションを持ってまして、その中の一つにイナ―シャブロックの違いがあります。510T は機能性を優先したダイキャストブロック。↓コレですね。
 この複雑な形はボールエンドからサドルまで、弦がどこにも触れないように設計されてるからなんです。ギブソンとかと同じですね。しかし、これを鉄で作るのは大変なのかどうなのか、510Tのブロックはダイキャスト製になってます。
c0179274_00532951.jpg
 それをスティール製の重たいモノにしたのが510TSというモデル。おそらく最初は510Tが先行して発売になって、その後鉄のブロックは無いのか?との要望に応える形で510TSが発表されたんじゃないかな?たぶん。

 まあ、多くの場合、イナ―シャブロックは鉄(鋼)製が求められるんですよね。その硬さ、重さ故の音がストラトサウンドの要だったりする訳で、廉価版モデルに使われるダイキャスト製ブロックでは音の面で何か今一つ足りないと感じられるのは今に始まった事ではありません。

 そこで、ならばと作ってみました。重たいブロック。
c0179274_23341768.jpg
 510Tはサーやサドウスキー、タイラーなどなど海外のハイエンド系ギターにも使われていたので、知らずに所有している方も多いようです。見分け方は簡単。弦交換の際にでも裏からブロックの色や形を確認してみてください。色は黒で、斜めにカットされたような形をしていたら、それはダイキャストブロックです。金属の色そのままのブロックならそれはスティールブロックの510TSです。

 そして510Tをお使いの方で、サウンド面でもう一つパワーやへヴィーさが欲しいと感じているなら、是非この "GRAVITY" ブロックに交換を検討してみてください。ダイキャストブロックから120gものウエイトアップ。これは510TSを超えてノーマルのシンクロナイズドトレモロとほぼ同じ重さになります。
c0179274_23342060.jpg
 そして更に、弦を通す穴の位置を変える事によって、オクターブチューニングの精度も向上させるという従来に無い機能も備えてます。きちんと調性のとれたコードの響きは相乗効果もあって、パワー感も上がります。この辺の話はホームページでやってますので、そちらをごらんください。

そしてそして、販売のほうはウチのweb shop
こちらもよろしくご検討お願いいたします!在庫がある時はあまり無いので、お早めにどうぞ。
取り付けに当たっては一つ注意点があります。ボディートップ側のキャビティーの縦の長さ(短い方)が19mm以上あればそのまま取り付けられます。いくつかのモデルで17mmというのが確認されてますので、その場合は取り付け手順が異なりますのでご連絡ください。

さてさて、このブロック、かなり地味っぽい製品ですが、その効果は絶大です。ホント自信作ですので、510Tをお使いの皆さま、是非ご検討よろしくお願いします。

[PR]
by Rune-guitar | 2018-09-13 00:57 | guitar repair | Comments(0)


c0179274_18064062.jpg
 大変ご無沙汰しております。かなり久々の投稿でございますが、皆様お変わりありませんか。
この夏は各地でいろんな災害が頻発して、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。大変な事とか辛い事とか、たくさんあると思いますがなんとか乗り切ってくださいね。

 さて、ルーンギターの近況ですが、前回の Curion2 Rock に続いて Contoured の Candy red も完成しまして、こちらの2本はただいまお茶の水にあります、Woodman 様にて店頭展開していただいております。埼玉の奥地まで足を運ばなくても、東京の、しかも楽器の街 ”お茶の水”でお試しいただけますよ!ぜひこの機会をご利用くださいね。

 しばらく投稿してなかったですからね。Curion 2 について少しだけ。Curion 2 はルーンギターのオリジナル商品になります。いわゆるハイエンド系カスタムギターですが、よくある24Fでフロイドローズ積んでフレイムメイプルがメラメラしたキレイなギターではないです。全くないです。面構えで言ったらむしろ真逆の方向を向いたギターです。
 何というか、フェンダーにこんなのあったっけ?くらいの顔してるくせに、スペックを書き出したらまあそれはそれはいろんな横文字が出てくる...いや、、かなり細かいレベルで性能を上げていると言いたいんですがね。ホント外見からはあまり分からないようにいろんなところをチューンアップしてあるので、これは一つ、Woodmanさまにて、お手に取って確かめていただきたい。チェックポイントはまずコードの響きかた。オクターブチューニングにかなりのこだわりを持ってカスタマイズしているので、コードがきれいにまとまり結果パワー感のあるプレイになりまする。そして、少ないコントロールながら豊富なバリエーションのあるサーキット。

 まだほかにもありますが、これらを実現する為に従来のフェンダー系ギターの設計をかなり変更してます。スケールやネックのジョイント部、ブリッジの位置やパーツのチョイスなんかも徹底的に!もちろんノイズ対策委もね。ヴィンテージのレプリカを目指してる訳ではないので、とにかく現場に強いギターをとの願いを込めて仕上げております。

 さあさ、ここは一つお茶に水のWoodman さまにて是非ぜひお試しあれ。

 もう一つ、パーツのご紹介があるので、それはまたすぐにアップしたいと思います。ではひとまず、チョン!



[PR]
by Rune-guitar | 2018-09-12 18:08 | guitar repair | Comments(0)