人気ブログランキング |
ブログトップ

Rune guitar

runeguitar.exblog.jp

ギターリペアと日々のコト・・・

Hard Relic_c0179274_1154369.jpg


 Curionの "Rock" がようやくカタチになってきた。一体、何ヶ月かかってんだか。"Rock"はマホボディーなので、カラーはソリッド(単色ベタ)のみ。今回は'60年代後半から'70年代初頭のフェンダーに見られる白をイメージしてみた。

 このギターは構想から数えるともう4年くらい経ってるのかな?。その時、思い描いていた色が白なので、HPに載せてるプロトもこの色だ。まぁ、この色しか思いつかなかったというのもあるが...。

 しかし、フェンダーのこの白は経年変化でかなり幅がある。正式名称はオリンピックホワイトだと思うんだけど、クリームホワイトとかイエローホワイトとかヴィンテージホワイトとか、レプリカではいろんな名前が付けられてる程だ。なので、HPの物と今回の物は敢えて面を変えてみた。

 元々Curionはが経年変化が目立ち易いフィニッシュなのでエイジング自体は基本仕様なのだが、'60年代後半から'70年代初頭と言えばハードロックが全盛の頃だ。ガンガン使い倒された面構えのギターが多い。前回のアッシュトップのブロンドはちょっとお上品なルックスだったので、今回はがガッといってみる事にした。今後もこのギターを作る時は、一本一本同じ色見の物は出来ないんだろうな。


 さて、先の画像はほぼ大方の工程を終えて組み込み直前の状態。不思議なもので、ピックガードやその他のパーツの灼け跡なんかは組み上げたら判んなくなっちゃうのに、コレやらないと色見が掴めないんだ。雰囲気ってヤツ。人間の目って微妙な色は対比によって判断するトコロがあるからね。だからCurionの塗装工程は極薄を目指しながら、色見で回数を使ってる。

 まず目止め後サンディングシーラー。ボディーは無着色だが、ネックは目止めもシーラーもアメ色が混ざってる。
 次に着色。ボディーはアイボリーっぽい白。完全にベタにするには、ある程度の量を吹かないとならない。う〜ん、これは仕方ない。乾いたらネックも含め、各パーツを仮組する。灼け跡を吹くのだ。

 灼け跡(灼け色ではなく)はラッカーの量をかなり少なくして染料とシンナー主体で吹く。ラッカーが多過ぎると塗膜に段差が付くからだ。そして意外と淡い程度で充分跡は付いている。各パーツに付いた塗料はヤニ汚れ風になるが、かなり少量なので塩梅見ながら落としていく。

 さあ、ここからが肝だ。普通、灼けた色ってのはトップコートが最も変色している訳で、再現するには色付きのトップコートを吹く事になる。後で擦り減った部分を作る時にも理にかなった感じになる筈だが、それでは最終の研ぎ出しに都合が悪い。色落ちして欲しくない所が落ちてしまうかもしれないからだ。
 なので、ここは普通よりも薄いアメ色を、1回吹く毎に少しづつ更に薄めながら顔を作り、仕上げ吹きはほぼクリアーで。灼け跡からここまで殆ど中研ぎが出来ない(ペーパーの跡が不自然なグラデーションを作ってしまうから)ので、あまり間隔を取らずに最低限の乾燥時間で一気に吹いてしまう。こういう作業にはコンプは低圧の方が向いている。一回の吹き付け量が少なく、ラッカーの粘度をかなり落とせるからザラつきも少なくて済む。

 でもって研ぎだし。通常、研ぎだしは塗膜の痩せを待つ為1〜2週間くらい空けるものだが、極薄塗装の場合はシンナーが抜ける前の、塗膜に厚みがあるうちにさっさとやっちゃわないと研ぎ出す余裕が無くなる。だから目痩せが激しい仕上がりになってしまい、だからレリック加工にしてるのだが。




 さてさて、なんだか塗装の話になってしまったが、もうじき出来ますんでね。ひとつ宜しくお願いします。


あ〜、でもレリックもハードなヤツはキツいわ。
Hard Relic_c0179274_1145990.jpg
Hard Relic_c0179274_1161742.jpg
Hard Relic_c0179274_1165063.jpg

# by rune-guitar | 2010-06-26 01:19 | guitar repair
 僕の製作したギター”Curion”が現在(株)石橋楽器店渋谷店様にて店頭展示中であります。一本きりですが....。修理がメインなんでね、なかなか作る時間無いのだ。HPの方には5月頃にはちょっとストラトチックなヤツも予定してるぐらいの事書いちゃったけど、ゴメンナサイ、多分、いや完全に間に合いません。こんなペースでは年間数本しか作れないなぁ。

 このギターはイメージの段階ではカラーは白(灼けたクリーム色)くらいしか予定してなかった。スクエアエッジのテレっぽいボディーはかなり色を選ぶ。なんか白以外は何色にしてもあまりピンとこないのだ。近い所でブロンドか?ッて事でアッシュトップのモデルを作ろうとしてたんだけど、その時にお店様からサンバースト無いの?と言われた。
 テレキャスターベースがモチーフなので、オリジナルプレベの代表カラーはどうなん?等と思いつつブロンドを先送りしてタバコサンバーストを作ってみたら...以外と受けはいいんだ、これが。


 しかし、今度作るコンター付きラウンドボディーには何色が似合うんだ???。OPBに近いのかストラトに近いのか。ん〜、よくわからん。て事で、カラーチャートみたいなのを作ってみた。
 画像にレタッチソフトで色付けてっただけだが、結構判り易いぞコレ。便利な時代になったもんだ。
 コンター付きに関してはボディーにアルダーを採用する事にしたので、ソリッドもシースルーも問わないのだが、一応、典型的な色に加工してみた。どう?コレ。3TSも悪くないような...でもレアカラーもいいような..。でもやっぱ白?エイジド加工は一番やり易いけどね。
どれにしようかな_c0179274_1102314.jpg

# by rune-guitar | 2010-05-10 01:03 | guitar repair
リフレットと指板修整_c0179274_1302235.jpg


 久しぶりになってしまった。あまりにも更新が少なくて、アクセスして下さる方に少々申し訳なく思いようやくである。無精者はやだね。

 さて、そんなこんなでリペア話。最近、フレット交換がらみの検索で立ち寄っていただいているケースが多いようなので、せっかくだからまたそんな話をしようと思う。

 フレット交換の話をするたびに言ってるが、最も重要なのは指板の修整だ。フレットが擦り減るまでにはある程度の年月が経ってる訳で、殆どのネックには歪みが生じている。例えばビビるからといってもフレットの減りだけが原因じゃない事は多い。ロッドでは修整出来ない腰折れやよじれを無視してフレットだけ入れ替えても正直あまり意味が無いと思う。あるとすれば一部のヴィンテージ物だけだろう。道具としてのコンディションよりも見た目の雰囲気が問われる域のものだ。

 この指板修整、ポイントが二つある。まず指板の直線性を得るにはどこを落とす(削る)べきか、どこなら落とせるのか。ロッドが回り切ってる時は緩めて順反りさせてから判断する事で、ロッドの効きを多少復活させられる。マーチンのスクエアロッドのように調整出来ないタイプの場合は弦の張力を計算に入れておく。
 また、指板のRを維持出来るか、敢えて変更すべきか。いい加減なバリ取り等で指板の幅が狭まっているネックは多い。そのままでは本来のフレットの有効長が得られず、弦落ちしやすいギターになってしまう。Rを維持する為に多めに指板を削るか、グリップ厚を重視してRをキツくするか、悩むトコロ。ただでさえ1〜6弦間のRを均等にするのは難しいのに。しかもローポジションとハイポジションのRは同じではない。円錐指板と言って、ローよりハイはRを緩めにするのが一般的だ。

 更に、指板修整の他にもう1つ、フレットの足の太さと溝の幅のマッチングというのもある。狭い溝に足(Tungと言う)の太いフレットを入れると逆反るし、反対ならフレットが固定されず浮いてしまう。国産フレットのtungは大抵0.6mmか0.5mm、輸入物は0.022〜0.024インチ(0.56〜0.61mm)なので、僕もよく使う2mm幅のフレットは3種類揃えてる。古いマーチンは0.5mm、現行品は0.023インチ(0.58mm)、ルーズな溝には0.6mmといった感じで使い分けだ。これに加えてtungをイジル工具も使うとほぼOK。

 これらがクリア出来て初めてキチンとフレットを打ち込む事が可能になる。フレットを打ち込む作業自体は、ピタッとさせる為に気を遣うが、さして頭は使わない。後はフレットのエンド処理と軽いすり合わせ、必要に応じてナットの交換や弦高、オクターブの調整で終了。

 いやホント、指板修整は大事だよ。画像は過去の指板修整がマズいのかよじれてるようなそうでないような変なネックの指板修整ビフォーアフター。参考までにね。このギター、近いうちにHPの方でレポートするつもりで...んんん?

2012.10.13 追記
都合により、違うギターの指板修整、R変更のレポートになっちゃいました。よかったら見てね。

リフレットと指板修整_c0179274_1302235.jpg
リフレットと指板修整_c0179274_1304298.jpg

# by rune-guitar | 2010-04-28 01:24 | guitar repair
Curionがお店に並ぶ!_c0179274_1584196.jpg
 

この度、ウチのオリジナルギター"Curion"が石橋楽器店 渋谷店様にて展示販売していただける事になりました。これはウチのような店舗を持たない個人工房にとっては大変ありがたい事でありまして、更に僕個人にとってもうれしい事です。渋谷店マネージャー様ならびにギター担当者様には感謝しております。何卒よろしくお願いいたします。



 しかし、情けない事にCurionは完全ハンドメイド故に生産性が非常に悪い。既製品のネックとボディーで作れる設計ではないので、すべてブランク材から加工するのだ。もちろんNCとかは無いので、アナログ極まりない。そんな訳で、展示は画像のブロンドフィニッシュ1本のみとなっている。
だが、そんな事ではせっかくお力添え頂いたお店様に申し訳ないので只今Newバージョン含め鋭意制作中。やっぱり商売としてメリットの出る話でないと、お店様には相手にされなくて当たり前なのだから。

 もし、ウチのサイトでこのギターに興味を持った方がいらっしゃったら、是非この機会にお試しくだされ。Curionはリペアマンが作ったギターだ。これまでにいろんなリクエストや不具合を見て来た人間が”こうなってりゃいいのに〜”と出来上がったギターだ。そんな思いをした経験のある方には喜んでいただけると思う。



 渋谷店マネージャー様から頂いた言葉を借りれば”やってる事全てに意味がある”との事。

こういう理解を示してくれたのがとてもうれしかったデスよ。
 
# by rune-guitar | 2010-02-25 01:59 | guitar repair
Curion New Color_c0179274_15234.jpg
 

 ようやくCurionのブロンドフィニッシュが出来上がったよ。僕の工房は修理がメインなので製作は後回しになりがちだ。プロトからの手直しなんかもあったからずいぶん時間かかったけど、その分納得いく物が出来たと思う。型も作りなおしたから次からは作るの楽だな。

 目指したのは音楽を奏でる道具として、和音がキレイな事、壊れにくい事、使いやすい事、便利な事。一方切り捨てたのは、音楽を奏でる道具として無駄な装飾。オカネモッタイナイヨ。

 詳しい仕様についてはHPをご参照くだされ。runeguitar.comだよ。ウチのサイト字、多いからブログはこのへんで....。

Curion New Color_c0179274_1574876.jpg

# by rune-guitar | 2010-01-19 01:58 | guitar repair