人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Rune guitar

runeguitar.exblog.jp

ギターリペアマンの視点から、仕組みやパーツなどにまつわる話しを綴っています。

 僕の工房は主にリペアやカスタマイズをやっているのですが、たまにオーダーで製作なんかもやってます。まあ小さな工房ですからNCルーターとか無いし、塗装もラッカーしかやってません。
 でもその代わりどんな変わった内容のものでもあまり制約無く作れるので、そのせいか今までの作品は個性的なギターが多いです。スキャロップとか多フレットとかね。
ハイエンド系ストラトタイプって?_c0179274_02423399.jpg


 反対にオーソドックスなギターはあまりオーダーが無く、ノーマルなストラトとかレスポールなんかは作った事無いです。
 まあ考え方次第ですが、オーダーとは基本的に売ってないから作るのであって、世にはフェンダーのストラトがたくさんあるのに、わざわざオーダーでノーマルなストラト作らないですよね。やはり作るだけの理由がある訳です。例えばネックグリップとか、素材とか改造の域を超えてる類いです。
ハイエンド系ストラトタイプって?_c0179274_02512357.jpg

 おそらく各メーカーさんもそこは悩み所じゃないかと。いわゆるストラトタイプと呼ばれるギターは基本構造や設計を同じくして、各要所毎に特殊スペックを盛り込んだ物が主流になっています。スーパーストラトなんて呼ばれる事もあるくらい。
 フェンダーがヴィンテージシリーズに対してスタンダードモデルをラインナップしてるのと同じで、改める所は改めるという発想ね。


ハイエンド系ストラトタイプって?_c0179274_03182635.jpg

 そこで、いわゆるストラトタイプ、スーパーストラトと呼ばれるものはヴィンテージとどの辺が違うのか? これについての私見を述べてみたい。

 まずボディー、ネックのデザインやサイズについてはあまり大きな変更点は無いかな。スケールも25.5が多いし、パーツとの兼ね合いもあるからペグ穴の配置やブリッジ周りの座ぐりなんかもだいたい同じ。
 素材もネックにはメイプル、ボディーにもアルダーやアッシュなどフェンダー系の材がよく使われている。基本トーンはほぼ同じって事。
 違うのはピックアップ用のキャビティーや指板のRとフレット数。そしてマウントするパーツ類。これらの組み合わせで、かなりの個性が出せる。2大ギターの西の王ストラトというギターが持つ最大の魅力かも。南の王はその完成度故ほとんどイジれないからね。

ハイエンド系ストラトタイプって?_c0179274_03392519.jpg
 
 ただ、ほぼほぼカスタマイズという概念で仕様が決まっていくので、結局どのメーカーも同じ方向を目指す事になりがち。指板Rは250〜400ミリくらいまでフラットに。フレット数は22でやや高めのジェスカーステンレスワイヤー。電装系はいろいろだけど基本ローノイズ処理が当たり前。ハードウェアはGOTOHさんホント強い。ペグとトレモロユニットはかなりのシェア率になるんじゃないだろうか? 510シリーズのユニットは今最強だと思う。

 そんな風に、もっと繊細な部分(例えばネックジョイント部など)を除くとだいたい同じ傾向にあるのが今のストラトタイプ。ホント、スペックとして文字だけみたら大差無い。

 余談だが、ここから派生したソロイストタイプやディンキータイプはまた違う方向性を持っていて、特徴はダイレクトマウントのピックアップとロック式トレモロで、よりハードな音楽にシフトしてる。こちら立役者はグローバージャクソンね。やはりストラトタイプとは別の路線。
 参考になるかわからないが、アイバニーズのRGはこの類いだけど、AZはストラトに寄せてるようなので、同じメーカーの中で対比出来るのは面白いと思う。

ハイエンド系ストラトタイプって?_c0179274_04092693.jpg

 話しをストラトタイプに戻そう。このように使い勝手の面では各メーカー特に大きな違いは無いが、音については様々だ。
 これまでにもいろんなメーカーのストラトタイプを見てきたけど、有名所はやはり個性を出してくるもんだ。Suhrとタイラーなんか真逆向いてるんじゃないかと思うくらい主張が違う。
 Suhrは実にキチンとしていてプロのツールって感じ。一方タイラーはもう少しワイルドでカッチリしてないのが良い。ツールと言うより相棒と言った方が似合いそう。
 どっちがいいかは完全に好みなので、ここはお試しいただいてどっちが好きか、それだけで十分。

 こういうのっていわゆるストーリーってやつを語るとそれぞれ更に魅力が出るのだろうけど、僕はあまりそういうのには興味無いんです。使ってナンボ。自分のオリジナルモデルにストラトを選ばなかったのもそんな所から。そもそも設計を変えたかったので。


 まとめると、本家ストラトのルックスや使用感そのままに、より性能を上げたギター。それこそがストラトタイプ、スーパーストラトの存在意義ってトコでしょうか。もっと広い意味でもストラトタイプって使われるけど、それはあくまで何系かという括りであって、今回はちょっと特別扱いしてみました。

 そして国内メーカーや工房物にも優れたストラトタイプがたくさん出ているので、良い物お探しの方はそちらもぜひお試しくださいね。

今、国産は盛り上がってるので!

それではまた。


# by Rune-guitar | 2023-09-14 02:26 | guitar repair
ギターのセッティングの話_c0179274_21212743.jpg
 前回ギターの鳴りというものについてお話しましたが、今回は続きといえば続きになるのかな?。一応セッティングと題してますが、まあ長話しには違いないです。

 ”鳴り” この大雑把な言葉にはいろんなニュアンスが含まれていて、使う方としては実に便利な言葉です。ただ人によって解釈もいろいろなので、個人的には作業として鳴りを求めるような考え方はあまりしないようにしています。全く考えない訳ではないですが、それを最優先にはしないという意味で。
 例えば良い鳴りを得る為に演奏性が二の次になるのは、プレイヤーサイドからしたらどうなのか?とか。

 鳴りに影響が出る造りの一つにネックグリップの厚みがありますが、薄ければ音も平坦な感じになるし、厚ければ芯のある太い音になります。その中でちょうど良いバランスの所がある訳ですが、太いネックが好きな方(音も込みで)にそれを薦めてもあまりその方のメリットにはならないかもですよね。
 また、演奏性とまでは言わないまでもヴィジュアル面も近いところがあります。ヘッドストックの大きさやペグの重さなどは、低音の出方を左右する要素を持っています。でも’60sのストラトが好きな方に'70sのラージヘッドの方がローが出るとか薦めても、やはりそれは違うと思うんです。クラプトン好きな方にリッチーを薦めるようなもので、仮にもっとローが欲しいと言うならば極力別の方法を提案します。外見が持つ力は大事ですから。

ギターのセッティングの話_c0179274_21222773.jpg
 そんな風に、鳴りというのはそのギターの個性のほんの一部だったりするので、良いに越した事はないが縛られるのも煩わしいものです。そして今回のお題はセッティングのやり方ではなくて、セッティングによってある程度の鳴りは稼げるという事をお伝えしたい。

 僕は楽器店勤務時代がそこそこ長かったので、入荷したてのギターに触れる機会なんてそれこそ毎日だった訳ですが、それ故に新品の同型ギターでも鳴る(レスポンスが大きい類)個体とそうでない個体があるのは、セッティングの違いも大きいなとよく思いました。
 もちろんボディーとネックの重さバランスだったり硬さによる共鳴ポイントの近さなどの要素はあるでしょうが、もっと基本的な部分で良く感じる個体となんだかピンと来ない個体とがいるんです。なんででしょうね?


 その原因になるのは大抵ピッチです。普通にチューナーで合わせても、和音を弾いた時になんか平べったい。それときれいに歪まない。自分下手になった?くらい思います。いずれも単音ではあまり感じないけど、ギターの演奏なんて大半がコードやリフなど和音ですから、最初の出音で?となる事もあります。

 これはもう有名な現象ですね。オクターブピッチ(イントネーションピッチ)が合っていないとこういう感じになるんです。初心者の方はまだそこまで意識が行きにくいので、なかなか上手くならないなと感じていても、それはピッチのせいかも。もしかするとこの調整をちゃんと整えると実は上手くなっているかも。それくらいピッチがちゃんと合っている事は大事なんです。なんたって楽器ですから。
 そしてそこがちゃんとしてるギターは明らかにレスポンスよく感じます。つまり鳴りが上がったように感じるんです。

ギターのセッティングの話_c0179274_21230944.jpg
 当然どのギターも工場で調整されてるし、店頭でも必要に応じて調整はされてます。でも購入後時間が経つにつれ、木だから少しずつ動いたりすり減ったり、弦のゲージを変えたり掃除した際にネジが回ってしまったりで、セッティングはどうしても変わってくるもんです。そしてその変化があまりにも少しづつなので、いつの間にかそういうものになってしまっている。これすごく多いと思いますよ。
 ウチでお預かりしたギターも細かい調整までやると結構皆さん違いに気づかれます。元からそのポテンシャルは合ったのに発揮出来てなかった。そんな状態なんでしょうね。


 そのオクターブピッチは、合わせ方だけならあちこちにいろんな方法で載ってますが、もっと突っ込んだ話しをするとやはり根本の部分がすごく大事でもあります。前提となる部分ですね。
 まず最低限ネックの反りが適正である事。次にナットの高さ。ここが曲者でピッチが合いにくい原因の一つ。しかも自分でいじれないタチの悪いところ。
 で、この2点がOKなら初めて弦高の設定が出来るのですがオクターブを見るのは更にその後なので、もしここまでの調整が必要な場合プロに任せた方がよいです。少なくとも一回は。


ギターのセッティングの話_c0179274_21270505.jpg
 しかしオクターブ合わせるのになんでそんな大事(おおごと)になるのか?とも思いますよね。これ理由があって、作業しててよく感じるのですがナットの溝が浅い個体が非常に多い。要するにナットが高い。バラツキはありますけどね。これによるセットアップの差が先述の新品の個体差かなと思います。
 なんでも新品のギターは店頭でどんな弾き方されてもある程度使えないといかんので、多少強く引いてもビビらないようにナットも弦高もチョイ高めになっているという話しを聞いた事があります。後は素材の関係で(プラスティックは減りが早いから)とか。

 まあとにかくナットが高い個体はそもそもピッチが合いにくい側面を持ってしまうんです。こんな風に。

ナットが高い=弦がペグに向かう角度がキツくなる=溝での摩擦係数が上がる=ナット~ペグ間の弦長が加味されなくなる

ナットが高い=弦とフレットとの距離が遠くなる=押さえた時その分のテンションが増加する

 この2つは共にイントネーションピッチが上昇する原因です。これらがあるからナットの溝は最低限の高さでないとダメ。シャープしやすくなるのは主に太い弦。プレーン弦と巻き弦それぞれでね。まあ弾き方によって多少変わるけど、明らかに高すぎるナットは修正するべきです。

 つまりセッティングとはこういうおかしな所を一つ一つ整えていく事なんです。順番にね。まずロッド、そしてナット溝、弦高、オクターブピッチ。これで1周。
 よく工房でも話すんですが、弦高下げるだけでもどっか1か所だけいじるってことは殆ど無くて、たいていあちこち見るんです。なんで高いのかによっていじる所も変わるし、その影響が次の所に現れるからまたいじる。ストラトなんか1周じゃ済まない事も多々。

 今回の話は具体的に何をこうするとかではなく、考え方のようなものですかね。とにかく全部つながっていて、弾きやすく尚且つピッチがうまく合う落とし所を見つける。それが良いセッティングなのではないかと思います。
 和音がきれいに響くと音圧も上がるし歪みも汚くならないので、音作りも含めて演奏性も上がります。これを鳴りが上がったと見るのは僕の偏見なのかもしれないけど、ピッチというものをあまり気にしていなかった方にはぜひ一度体験していただきたいです。

それではまた長話しにお付き合いください。


ps
手前味噌ですが、ウチのオリジナルギターにはその辺のノウハウが詰め込まれています。
よかったらご覧になってください。
よろしくお願いいたします。

# by Rune-guitar | 2023-09-09 21:34 | guitar repair
ギターの鳴りについて_c0179274_01132547.jpg
 良いギターというものを語る上で欠かせないワードはいくつかあります。材であったり技術であったり、ものづくりではよく使われる言葉で楽器も例外ではないけど、ギターの場合これらに加え音に関するものが多くなります。例えば音の抜けや張り、伸びなどが挙がりますがそれらをひっくるめて ”鳴り” と言ったりします。

 ”鳴り” 。初心者の方にはなんとも掴みどころの無い言葉だけど、ショップの謳い文句の中には必ずと言っていいほどよく出てくるワードなので、今回はこの”鳴り”について僕なりの持論を話してみましょう。あくまで初心者の方に解かりやすいように寄せるのであしからず。



 簡単に言ってしまえば”鳴り”は音の響き方。各メーカーやモデルによって音色には特徴があるけど、それとは別の言わば”弾いた手応え”。ピッキングに対する反応の仕方を指す言葉ですね。これはアコースティックギターではよく取り上げられる要素で、モデルを問わず同じ弾き方をしても出音にかなりの差が出る事もある。
 僕もアコギはよく手掛けますが、よい鳴りをする個体は弾いた時に返ってくる反応が予想よりも大きい。エレキでもそれは同じなんだけど、アコギは箱なだけに倍増されてるから”おおぅっ”となる時も。

 ではこれの何がよいのかというと、ピッキングの強弱でコントロール出来る音量やトーンの幅が広いって所。表情豊かで表現がかなり楽になる。逆に言えば鳴らないギターは、なんだかやる気のない相棒とコントやってるような、妙なストレスっぽいものを感じるかも。あくまで主観だけどね。


 そしてその鳴りの中に、先に書いた抜けや張り、伸びがあるが、これらについても簡単に述べておこう。
 まず ”抜け” 。音ヌケとも言うがこれは音の通り方。よく ”あの人の声は通る” とか ”よく通る声” とかいうのと同じね。周りの音に埋もれずに届く音の事。張りとも関連してるかな。

 その ”張り” は、やはり声と一緒でパンチのある感じか。輪郭とも言うけど、音には形のようなものがあってモヤッとかツルっとか、音色をその表面の状態として表現したりする事が多々あります。マンガの吹き出しなんか良いイメージになるかも。やっぱ声か。抜ける音の更にアタックの瞬間みたいな意味合いになる。

 そして ”伸び” はサスティーンとも。音の持続時間については特に長い方が優れてるとか無いんだけど、普通よりも長く感じるとなんかウレシイような気もするので、短いよりは良しとされてます。もっと細かくいうとチョーキングした音が痩せずに音量が持続してると ”サスティーンあるなあ” となる。

 この他音の粒や立ち上がり、切れなど、なんだか未知の言葉はたくさんあってキリが無いので、ほんと大雑把にこれらを一括りに鳴りと呼んでる訳です。 ”いい鳴りしてるなあ” なんてね。

ギターの鳴りについて_c0179274_02451977.jpg
 しかし、この鳴りが良いとか悪いとかには明確な基準はありません。あくまで他と比較してどうか的なものと思っていただいてOK。しかもある程度のギター(まあそこそこお高いギター)になると、ほぼ無意味な言葉になります。どれもある一定のレベルはクリアしてるし、価格と比例してる訳でもなく、むしろ安くても優れたレスポンスをする個体もあったりします。
 つまりは必ずしも、もしくは人によってはそれほど重要なものではないって事です。確かに鳴りの良し悪しは存在するけど、あくまでギター選びの際に何本か弾き比べて、こっちよりあっちの方がいいとかそんなレベル。たまたま手に取ったギターの鳴りが良くて気に入ってしまったとかあるかもしれないけど、要素としては他にも大事な部分は皆さん持ってらっしゃると思うので、鳴りが一番になるかは人それぞれ。

 それでもなぜか楽器は音をとても重要視されます。ストラディバリのせいかな? あの音は再現出来ないとかで、平気で10億とかしますが、高いから音が良いのでは無くて、結果その音にその金額を出せる人がいるからその価格な訳で、あの世界だけのものです。
 話し戻しますが、ギターの値段を訊かれて答えたら ”いい音するの?” って返してくるのは大抵ギターを弾かない人。弾く人は ”どんな感じ?” みたいな反応が多いです。まあ楽器は鳴らすだけじゃなくて演奏してナンボなので、正直音は一番ではないですよね。

 大事なのはちゃんと演奏が出来る事で、一番はピッチ。オクターブも含めてチューニングがキチンと合う事。そして安定してる事。その次に演奏性。これは好みも大きいので一貫性はないけど、これで音楽になる訳だから各々に重要なポイント。そしてある程度の音色と鳴りがあれば、それは十分良い楽器になるのでお値段もそれなりになります。このラインは幅があるようだけど概ね20~40万あたりがボーダーラインみたい。これ以上は付加価値的要素が高くなっていく。

 そして今回のお題 ”鳴り” というものはこの値段に関係無く、しかもある程度以上の鳴りにはあまり意味が無いという事。ギターの種類によっては使う環境との兼ね合いで、鳴りを抑制しないとならないケースもあるほど。最終的には自分に合った鳴りが一番良い鳴りとも言えるので、このワードには惑わされないでね。

 念の為、ショップの謳い文句がインチキと言ってる訳ではないです。鳴りについて他と比べて特筆する部分があるから書かれてる訳で、それがどのレベルの話かはご自身で判断すると良いですって話し。


 ちょっと趣の違う内容になってしまったけど、これもまた何かの参考になれば幸いです。

それではまた。


# by Rune-guitar | 2023-08-24 04:19 | guitar repair

by Runeguitar