ブログトップ

Rune guitar

runeguitar.exblog.jp

ギターリペアと日々のコト・・・

タグ:オリジナルギター ( 2 ) タグの人気記事



c0179274_18064062.jpg
 大変ご無沙汰しております。かなり久々の投稿でございますが、皆様お変わりありませんか。
この夏は各地でいろんな災害が頻発して、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。大変な事とか辛い事とか、たくさんあると思いますがなんとか乗り切ってくださいね。

 さて、ルーンギターの近況ですが、前回の Curion2 Rock に続いて Contoured の Candy red も完成しまして、こちらの2本はただいまお茶の水にあります、Woodman 様にて店頭展開していただいております。埼玉の奥地まで足を運ばなくても、東京の、しかも楽器の街 ”お茶の水”でお試しいただけますよ!ぜひこの機会をご利用くださいね。

 しばらく投稿してなかったですからね。Curion 2 について少しだけ。Curion 2 はルーンギターのオリジナル商品になります。いわゆるハイエンド系カスタムギターですが、よくある24Fでフロイドローズ積んでフレイムメイプルがメラメラしたキレイなギターではないです。全くないです。面構えで言ったらむしろ真逆の方向を向いたギターです。
 何というか、フェンダーにこんなのあったっけ?くらいの顔してるくせに、スペックを書き出したらまあそれはそれはいろんな横文字が出てくる...いや、、かなり細かいレベルで性能を上げていると言いたいんですがね。ホント外見からはあまり分からないようにいろんなところをチューンアップしてあるので、これは一つ、Woodmanさまにて、お手に取って確かめていただきたい。チェックポイントはまずコードの響きかた。オクターブチューニングにかなりのこだわりを持ってカスタマイズしているので、コードがきれいにまとまり結果パワー感のあるプレイになりまする。そして、少ないコントロールながら豊富なバリエーションのあるサーキット。

 まだほかにもありますが、これらを実現する為に従来のフェンダー系ギターの設計をかなり変更してます。スケールやネックのジョイント部、ブリッジの位置やパーツのチョイスなんかも徹底的に!もちろんノイズ対策委もね。ヴィンテージのレプリカを目指してる訳ではないので、とにかく現場に強いギターをとの願いを込めて仕上げております。

 さあさ、ここは一つお茶に水のWoodman さまにて是非ぜひお試しあれ。

 もう一つ、パーツのご紹介があるので、それはまたすぐにアップしたいと思います。ではひとまず、チョン!



[PR]
by Rune-guitar | 2018-09-12 18:08 | guitar repair | Comments(0)

c0179274_03410738.jpg


前回のブログで取り上げた、当方のオリジナルギター“Curion”が量産モデルとして販売開始なるか!?という話ですが・・・

なりました!

はい、長年の企てが遂にカタチになりまして、正直“大丈夫なのか?ルーンギター!”との声も聞こえてきそうですが、こういう事はやらないといつまでも出来ないので、やっちまいました。あとはもう、いかにこのギターを知っていただくか。ホント物は良いのでぜひお試しいただきたい。ってまだ完成してないんですけどね。

でもまあ善は急げで、このギターの特徴をざっとご紹介!


基本的にはフェンダー系のテイストで、レリック調のフィニッシュも相まってヴィンテージ寄りのギターに見受けられそうですが、いやいやコイツの一番の売りはその設計概念なんです。

c0179274_03412554.jpg


もともとこの手のボルトオンスタイルの基礎はもう60年以上昔のもの。当時まだ弦のゲージは太く、フレットは細く、プレイスタイルもシンプルなものが多かった時代。そもそもこの設計自体が異色でさえあった訳で、それを大した改良もなされずに今なお現場で使用されてるのはもう“さすがレオ・フェンダー!”としか言いようがないんですが、いやしかし!“やっぱ直すところは直しましょうよ”って部分があるのも事実。こちとら直すのが本業なんで。

で、いろいろその基礎からちょっとずつ都合の悪いところを私なりに変えていった集大成がこのCurion。詳しくはWEBSITEを見ていただくとして、ポイントを列挙していこう。

c0179274_03061159.jpg




1、ストラトより短くレスポールより長い、PRSよりもちょっとだけ長い25.25インチスケール。ニコニコって覚えて下さい!


2、ヘッドには約1度のアングル付き。3弦のテンションが稼ぎやすい。


3、フレットは今人気のジェスカーステンレス。音の立ち上がり、分離がGOOD


4、指板はもちろんコンパウンドラディアス。12Fで10インチRなので低い弦高にも対応。


5、ナット、ブリッジの位置を僅かに修正する事で、よりローポジションに強いオクターブチューニングが可能に。


6、ブリッジはGOTOH 510シリーズのスチールブロックを採用!これホント音良い!おまけにRAW VINTAGEのスプリングとくれば悪い訳がない。


7、徹底したシールド処理でかなりのローノイズ。パッシブ回路なのにキャビティーシールドの無いアクティブPUよりもローノイズ。まあハムバッカーだけどね。



c0179274_03054513.jpg


てな具合で、どちらかと言えばハイエンド寄りの、現場寄りのギターなんです。でも若い人しか似合わないようなルックスじゃなくて、“コイツ俺と同い年”的な付き合い方も出来るような、そんな相棒になってほしいんです。

この他にも色々隠しネタあるんですが、それはHP見て下さい。まだこの量産モデルのページは無いんですが(物がまだ無いので)オールハンドメイドモデルのページが参考になります。外見ではペグが変わるくらい。あ、ハンドメイドモデルは定価設定が違いまして、量産型は実売価格で30万前後を予定しています。

それでは完成の暁にはまたお知らせいたしますので、乞うご期待を!

c0179274_03053965.jpg



お問い合わせはメールでも受け付けております。

おまけに予約まで受け付けちゃいます。とりあえず初回6本なのでお早めに!

c0179274_03412925.jpg


これはイメージね。

ではまた。


[PR]
by Rune-guitar | 2017-02-03 03:27 | guitar repair | Comments(0)